コスモスの花図鑑

コスモス

I1210157940 1440 1280
 メキシコ原産のこの植物は、1791年にスペインのカバニエス神父が命名したと言う。属名のCosmosは、ギリシャ語のKosmoに由来するもので、秩序、飾り、光栄、宇宙の意味がある。日本には幕末に種が入ったが、明治時代にイタリアから音楽教師か種を持ちかったことが園芸的な広がりになったとされている。また、漢字では秋桜と書くのは、秋の咲く桜のような花という意味からで花時期は通常は秋。切り花では早生の品種を使い近年では、春から店先に出回るようにもなった。花は通常は白、ピンク、紅の三色で一重咲きだが、最近は八重や白地に紅の複輪のものや改良品種として黄色かかったものも出てきた。黄色のコスモスは「イエローガーデン」と呼ばれ日本で改良されたもの。また、キバナコスモスは赤みがかった黄色のだいたい色の花。 
もっと見る
分類
キク科 コスモス属
花言葉
乙女の純真
誕生花
9月 27日
開花時期
花の色
白、黄、橙、ピンク、赤
分布
原産地はメキシコ。
植物のタイプ
一年草
大きさ・高さ
1~3メートル
コスモスの名所を見る