シャクヤクの花図鑑

シャクヤク

Chinese peony
日本でも古くから薬用・観賞用に栽培されてきている。 牡丹(ボタン)とよく似ているが、一番の違いは木と草であることである。 芍薬(シャクヤク)は枝分かれせずにまっすぐに立つが、牡丹(ボタン)は枝分かれして横に広がる樹形になりやすい。 漢方では特に婦人科系の働きを整えるのに効果があるという。 俳句の季語は夏である。
もっと見る
分類
ボタン科 ボタン属
花言葉
真っ直ぐな想い
誕生花
5月 16日
開花時期
花の色
白、黄、ピンク、赤、紫
分布
中国北部、モンゴル、シベリア東南部、朝鮮半島北部などに分布 中国では紀元前にすでに薬草として栽培されていた。
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
50~80センチ
シャクヤクの名所を見る