冬ボタンの花図鑑

冬ボタン

Uenotoshogu fuyu botan01
はじめは薬草として栽培されていたが、随から唐の時代にかけて観賞用の品種次々生まれた。 日本には奈良時代に渡来したが、観賞用の栽培が一般化したのは江戸時代のことである。 薬用には根皮の部分を用いる。「牡丹皮」といい、婦人病薬として知られる。
もっと見る
分類
ボタン科 ボタン属
花言葉
王者の風格
誕生花
5月 7日
開花時期
花の色
白、黄、ピンク、赤、紫、他
分布
原産地は中国
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
1~2メートル
冬ボタンの名所を見る