桜の花図鑑

Fa177
サクラの原産地はヒマラヤ近郊と考えられており、現在、ヨーロッパ・西シベリア・日本・中国・米国・カナダなど、主に北半球の温帯に、広範囲に分布している。日本では固有種・交配種を含め600種以上の品種が確認されている。とくに江戸末期に出現したソメイヨシノ(染井吉野)は、明治以降、日本全国各地に広まり、サクラの中で最も多く植えられた品種となった。桜は穀物の神が宿るとも、稲作神事に関連していたともされ、農業にとり昔から非常に大切なものであった。また、桜の開花は、他の自然現象と並び、農業開始の指標とされた場合もあり、各地に「田植え桜」や「種まき桜」とよばれる木がある(あった)。Wikipedia
もっと見る
分類
バラ科スモモ属サクラ亜属
花言葉
優れた美人、純潔精神美、淡泊、優れた教育美人、純白、高尚精神的な美しさ、私を忘れないで、優美な女性、心の美しさ
誕生花
4/1, 4/2, 4/4, 4/9, 4/10, 4/13, 4/21
開花時期
花の色
ピンク
分布
原産地はヒマラヤ近郊と考えられており、現在、ヨーロッパ・西シベリア・日本・中国・韓国・米国・カナダなど、主に北半球の温帯に、広範囲に分布。
植物のタイプ
落葉広葉樹
大きさ・高さ
1〜3m
桜の名所を見る