百日草の花図鑑

百日草

83x83n838a815b839383v838783b83g202016 08 17209.46.37
分布の中心はメキシコ。1769年にスペインのマドリードのマドリード植物園にもたらされたのがヨーロッパでの最初の紹介であった。この時には淡紫の一重咲きの花がついた。その後1829年に赤が、1832年に白が開花した。八重咲きはフランスで作り出された。一代交配種が作られたのは1963年にアメリカで作られた品種「ファイアー・クラッカー」が最初。家庭での仏花の自給用に多く作られ、また、性質が丈夫なので、学校花壇などにも良く植えられる。他の植物と異なり、粉砕により葉の単細胞が容易に分離できるという性質があるため、実験生物として用いられている。Wikipedia
もっと見る
分類
キク科 ヒャクニチソウ属
花言葉
不在の友を思う 遠い友を想う 別れた友への想い 友への思い 絆 幸福 高貴な心 旧き良き時代 注意を怠るな いつまでも変わらぬ心
誕生花
5/4 7/4 7/17 7/26 8/4 8/6 10/3 12/22 12/29
開花時期
花の色
赤 黄色 ピンク
分布
メキシコ
植物のタイプ
大きさ・高さ
百日草の名所を見る