チューリップの名所 26件

Img 5
 日本の春を彩る代表的な花のひとつであると同時に世界各国でも同様に愛され、花壇、鉢植え、切り花と大量に使われている。日本にこの花が由来したのは、江戸時代と言とされ、本格的な栽培が始まったのは明治以降とされ、当時の呼び名は「欝金香」(ウッコンコウ)。花壇栽培する場合は、配色や各品種による草丈のバランスを考えて植えることがポイントになる。また、鉢栽培を楽しむなら、矮性種が向く。栽培する場所は、排水さえ、よければ別に土は選ばないが、冬季から生育期間の春にかけては絶対に土を乾燥させないように心がけたい。球根栽培では、新潟県、富山県、京都府、島根県で行われ、3月から4月にかけての開花時期には美しい花を楽しむことができる。
花図鑑で詳しく見る

エリアで絞り込む

開花時期が近い花から名所を探す