ニッコウキスゲの名所 9件

001 556
ニッコウキスゲ(日光黄菅)は、ゼンテイカ(禅庭花)と呼ばれユリ科の多年草の別名。花茎は高さ80センチぐらいになり、葉から抜きでて開花することで知られている植物。ゼンテイカ群に入り、この群の特徴は花は花茎の先端に、かたまって咲き朝から夕方まで咲き続ける昼咲きで、色は橙黄色で香りは少ない。花期は6月上旬から8月上旬。草原、湿原を代表する花で、東北地方や北海道では海岸近くでも見られる。花が黄色で葉がカサスゲ(笠萓)に似ているため、栃木県、日光の地名を付けてニッコウキスゲと呼ばれ、全国に広まった。 ただし、日光地方の固有種というわけではなく、ゼンテイカは日本各地に普通に分布している。   
花図鑑で詳しく見る

エリアで絞り込む

開花時期が近い花から名所を探す