ハナショウブの名所 27件

Hanashoubu 002
アヤメ属の植物は、北半球に多く分布していると言われ、北緯20度〜60度あたりにかけて帯状に地球を取り巻いているとされ、約200種が確認され、ヨーロッパやアジア、アフリカ、北アメリカに多いとされている。花の構造に特徴があり、花被片が基部において相接し、花筒部を形成。さらに、子房の上端に接続。地中では、子房の上部に花筒部を形成せず、直接、花被片が子房に接着し開出することから、品種を見分けることは難しい。その中のハナショウブは日本独自の園芸植物のひとつされ、江戸時代、後期から品種改良を重ね、幕末には200種類にのぼる品種が作出されたという。江戸っ子に愛され、天保時代には現在の東京、葛飾区の堀切にはショウブ園が開園していたほど。その後、全国各地に広まりハナショウブ園が設けられ、変化にとんだ品種が生み出された。
花図鑑で詳しく見る

エリアで絞り込む

開花時期が近い花から名所を探す