姫路城

150402 img 9053
 天下の名城として知られ、1931年(昭和6年)に国宝に指定され、世界文化遺産にも登録されている。現在の姫路城は慶長6年(1601年)から8年の歳月をかけ池田輝政が建てたもの。大天守と三つの小天守からなる天守閣を構えて優雅な装いを見せる。春は約1000本の桜の花が咲き、絢爛たる風景で人々を酔わせる。また期間中には三の丸広場で恒例の姫路城観桜会・お花見太鼓が開催。琴の大演奏や勇壮な和太鼓演奏も楽しめる。
もっと見る
住所
兵庫県姫路市本町68
名所詳細情報
開花する花

開花時期
4月上旬
花の本数
1000本
イベント
イベント情報を見る
夜間鑑賞:
可能
売店:
有り
定休日
12月29日・30日
入場料金(小・中学生)
¥100
入場料金(大人)
¥400
営業時間
9時~17時(入場は16時まで)、9時~18時(4/18~8/31)
電車でのアクセス
JR山陽本線「姫路駅」から徒歩15分
車でのアクセス
山陽自動車道「山陽姫路東IC」から約6㎞、「山陽姫路西IC」から約7㎞
駐車場
有り
駐車料金
普通車3時間500円、1日800円
関連サイト
姫路城のホームページへ

クチコミ一覧 1件

周辺の花の名所

この名所のエリアから名所を探す

この名所に咲く花から名所を探す