弘前城

Hirosaki sakura06
 津軽統一を果たした津軽氏の居城。弘前城天守や櫓、城門が当時の姿を伝える。統一を果たした初代藩主、為信(ためのぶ)が慶長8年(1603)に計画、2代藩主 信枚(のぶひら)が慶長16(1611)に完成させた城。広さ約49.2ha、東京ドーム10個分以上の敷地は、三重の濠と土塁に囲まれ、6つの郭で構成されている。現在の天守は文化8年(1811)に再建され、弘前城史料館として藩の史料を展示し、当時の風情を偲ばせている。園内のサクラは、正徳5年(1715)、西の郭に25本の桜を植えたのが最初と伝えられる。現在のサクラは、明治維新後、荒れ放題のお城を見た旧藩士が少しずつ植えていき、昔の姿を取り戻そうと大部分は明治以降に植えられたもの。天守閣を中心にソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ヤエザクラなど約50種2600本の桜が咲き誇り、春は大勢の人出で賑わう。 2015年は弘前城本丸石垣修理工事に伴い、内濠の水は抜かれ、埋め立てられた状態となっています。この石垣修理工事を「今しか見れない貴重な機会」ととらえ、埋め立てられた濠に立って、下から天守を間近で仰ぎ見る計画をしています。(予定)外濠はこれまで通り、水面に映る桜や花筏をお楽しみいただけます。また、天守では、これまで弘前城や弘前藩に関する歴史資料の展示が行われてきましたが、天守曳屋工事に備えるため、この期間は展示品がない状態での公開となります。
もっと見る
住所
青森県弘前市下白銀1
名所詳細情報
開花する花

キク

開花時期
4月下旬~5月上旬
花の本数
2600本
定休日
無休
入場料金
無料
営業時間
随時
電車でのアクセス
JR奥羽本線「弘前駅」から市内循環バスで「市役所前」下車、徒歩1分、弘南バス「市役所方面行き」に乗って「市役所公園入口」下車、徒歩1分
車でのアクセス
東北自動車道「大鰐弘前IC」から約20分
駐車場
有り
駐車料金
普通車1時間無料、以降30分毎100円
Bg flower top left b2c4d33fa47047d9ceb494bc16bb59b1a4e2866364273c0c3a2f6960962b432d Bg flower top right 70ca7fef4f09a52592c02bdf78a460ea1b50e48c67e0aa125a0e70b1beaefd2a
あなたのクチコミを
投稿していただけませんか?
あなたのこの名所のクチコミを
ぜひ教えてください。
あなたからの情報を
たくさんの人が待っています。
Bg flower bottom left 9cf6087bccc83a020bf958a3e95f5d85b9d9d9c1eb92bbc8db84f31579890056 Bg flower bottom right 813549537611c6af7584e33443479ce52db3eedd97546238c9ebf0e956653a7c
クチコミを投稿する
最短1分程で投稿できます

周辺の花の名所

この名所のエリアから名所を探す

この名所に咲く花から名所を探す