根尾谷の淡墨桜

280406ed
 樹齢千五百年余り、山梨県「山高神代桜」に次ぐ、日本第二の老樹。山深い根尾谷にたくさんの支柱に支えられながらも満開になると白色の花を付け、散り際には淡黒色を帯びることからこの名がある。桜は、ヒガンザクラで樹高十六、三メートル、幹回り約十メートル、枝張り約二十七メートル。この根尾谷には第二十六継体天皇が、幼少の頃に奈良の都から落ちのびて十八年隠れ住み、村を去る時に別れを惜しんで桜の苗木を一本植え、「身の代と遺す桜は薄住よ、千代に其の名を栄盛へ止むる」と、この歌を詠んだと伝わる。以後、その年の開花の多少によって根尾山中の諸作の富凶を告げるという。だが、大正初期の大雪で枝が折れ、本幹に亀裂が生じて生命が衰え始める。昭和二十三年に枯死寸前に陥るが、枯れた根を取り除き、若い根を接ぐ「根接ぎ」が行われ、二百三十八本の大手術を受けて回復。たが、伊勢湾台風で再び多くの枝が折れて樹勢が衰える。そんな時、訪れたのが小説「薄墨の桜」の作家、宇野千代氏。雑誌「太陽」にその痛々しい姿を感想文として発表し、当時の岐阜県知事に訴えた。以後、保存のために国、県などが動き、何度かの延命手術を行い樹勢を保っている。支柱に支えられながらも、今年も無事に可憐に咲く姿は、生きるというすばらしさを多くの人々に伝えるかのようにも見える。
もっと見る
住所
岐阜県本巣市根尾坂所字上段995
名所詳細情報
開花する花

開花時期
4月上旬~4月中旬
定休日
無休
入場料金
無料
営業時間
随時
電車でのアクセス
樽見鉄道樽見駅から徒歩15分
車でのアクセス
名神高速道「岐阜羽島IC」「大垣IC」から国道21号、県道23号、国道157号を北上
駐車場
有り。桜の開花時期は無料になります。
駐車料金
普通車500円
関連サイト
根尾谷の淡墨桜のホームページへ
Bg flower top left b2c4d33fa47047d9ceb494bc16bb59b1a4e2866364273c0c3a2f6960962b432d Bg flower top right 70ca7fef4f09a52592c02bdf78a460ea1b50e48c67e0aa125a0e70b1beaefd2a
あなたのクチコミを
投稿していただけませんか?
あなたのこの名所のクチコミを
ぜひ教えてください。
あなたからの情報を
たくさんの人が待っています。
Bg flower bottom left 9cf6087bccc83a020bf958a3e95f5d85b9d9d9c1eb92bbc8db84f31579890056 Bg flower bottom right 813549537611c6af7584e33443479ce52db3eedd97546238c9ebf0e956653a7c
クチコミを投稿する
最短1分程で投稿できます

この名所のエリアから名所を探す

この名所に咲く花から名所を探す