浜離宮恩賜庭園

P9100374 thumb 304xauto 56922
 江戸時代の代表的な大名庭園。ここに屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重。その後、綱重の子供の綱豊(家宣)が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められた。十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成。明治維新ののちは皇室の離宮となり、名前も浜離宮となったが昭和20年に東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年4月から公開。園内の大手門近くにはお花畑があり、内堀広場前のお花畑3,000㎡には、春のおとずれとともに約30万本の菜の花が咲き乱れ、周辺は黄色い絨毯で彩られ、高層ビルを背景に美しく咲き誇る。
もっと見る
住所
東京都中央区浜離宮庭園
名所詳細情報
開花する花

菜の花

コスモス

開花時期
3月下旬から4月上旬
定休日
年末・年始 (12月29日~翌年1月1日まで)
料金(一般)
¥300
65歳以上
¥150
小学生以下及び都内在住・在学の中学生
無料
20名以上の団体料金(一般)
¥240
20名以上の団体料金(65以上)
¥120
営業時間
午前9時~午後5時 (入園は午後4時30分まで)
電車でのアクセス
大手門口」:都営地下鉄大江戸線「築地市場」(E18)「汐留」(E19)・ゆりかもめ「汐留」下車 徒歩7分。
車でのアクセス
首都高速道路汐留出口すぐ
駐車場
大手門橋を渡った所に多少の駐車スペースがあり
関連サイト
浜離宮恩賜庭園のホームページへ

クチコミ一覧 3件

周辺の花の名所

周辺の観光スポット

この名所のエリアから名所を探す

この名所に咲く花から名所を探す